みりんです。

この記事では、”第四世代”のメロメロボディの野生乱数について解説します。

メロメロボディは先頭にいた場合、そのポケモンとは違う性別のポケモンが出やすくなるという特性です。この時、2/3の確率でメロメロボディが作用し、出てくるポケモンが違う性別になります。
性別が変わるということは、メロメロボディによって出てくるポケモンの性格値が本来と違う方法で計算され、性格、特性にまで影響を及ぼすということです。つまり、「違う方法で性格値が計算される」ということを意図的に調整すれば、通常の野生乱数ではありえない 個体値-性格-特性-性別 の組み合わせの個体を捕まえることができるのです。
そして、メロメロボディにはもう一つ特徴があります。作用した個体の性格値です。まず、この個体の性格値には、先頭にしたメロメロボディのポケモンの性別・メロメロボディ対象の性別比によって5つの場合があります。「メロメロボディ♂」、「メロメロボディ♀で対象が♂7:♀1」、「メロメロボディ♀で対象が♂3:♀1」、「メロメロボディ♀で対象が♂1:♀1」、「メロメロボディ♀で対象が♂1:♀3」だ。詳細は下の表の通りです。

  メロボ♂メロボ♀メロボ♀メロボ♀メロボ♀
性格・性別比性別比不問♂7:♀1♂3:♀1♂1:♀1♂1:♀3
がんばりや特性10000000000000032×00000096000000C8
がんばりや特性2××0000004B××
さみしがり特性1××0000004C××
さみしがり特性20000000100000033×00000097000000C9
ゆうかん特性10000000200000034×00000098000000CA
ゆうかん特性2××0000004D××
いじっぱり特性1××0000004E××
いじっぱり特性20000000300000035×00000099000000CB
やんちゃ特性10000000400000036×0000009A000000CC
やんちゃ特性2××0000004F××
ずぶとい特性1××00000050××
ずぶとい特性20000000500000037×0000009B000000CD
すなお特性10000000600000038×0000009C000000CE
すなお特性2××00000051××
のんき特性1××00000052××
のんき特性20000000700000039×0000009D000000CF
わんぱく特性1000000080000003A×0000009E000000D0
わんぱく特性2××00000053××
のうてんき特性1××00000054××
のうてんき特性2000000090000003B×0000009F000000D1
おくびょう特性10000000A0000003C×000000A0000000D2
おくびょう特性2××00000055××
せっかち特性1××00000056××
せっかち特性20000000B0000003D×000000A1000000D3
まじめ特性10000000C0000003E×000000A2000000D4
まじめ特性2××00000057××
ようき特性1××00000058××
ようき特性20000000D0000003F×000000A3000000D5
むじゃき特性10000000E00000040×000000A4000000D6
むじゃき特性2××00000059××
ひかえめ特性1××0000005A××
ひかえめ特性20000000F00000041×000000A5000000D7
おっとり特性10000001000000042×000000A6000000D8
おっとり特性2××0000005B××
れいせい特性1××0000005C××
れいせい特性20000001100000043×000000A7000000D9
てれや特性10000001200000044×000000A8000000DA
てれや特性2××0000005D××
うっかりや特性1××0000005E××
うっかりや特性20000001300000045×000000A9000000DB
おだやか特性10000001400000046×000000AA000000DC
おだやか特性2××0000005F××
おとなしい特性1××00000060××
おとなしい特性20000001500000047×000000AB000000DD
なまいき特性10000001600000048×000000AC000000DE
なまいき特性2××00000061××
しんちょう特性1××00000062××
しんちょう特性20000001700000049×000000AD000000DF
きまぐれ特性1000000180000004A×000000AE000000E0
きまぐれ特性2××00000063××

ミルクさんのブログ( ↓ )より
http://d.hatena.ne.jp/milk4724/20120528/1337873696

上の表を見ればわかるようにそれぞれの場合において25個しか性格値がなく、一組の 表ID-裏ID が(連続する)8つの性格値を光らせることができるため、該当する 表ID-裏ID にID調整すれば、8/25の確率で野生ポケモンを光らせることができます。




まとめると
(メロメロボディの成功する確率)×(光る確率) = (2/3)×(8/25) ≒ 2割

メロメロボディを先頭にあるいているだけで2割の確率で自然と色違いがバンバン出てくるのは、僕も試しましたが面白いです。
高個体値の準伝は光らない(性別不明なので)が、普通のポケモンの野生高個体値の色違いは様々な性格で出すことができる点はすばらしく、やってみる価値はあると思います。
また、ID調整についてはここで述べるまでもない一般的なもので、上の表を見て光らせたい性格値に合うIDを探して乱数調整するだけです。

メロメロボディの野生乱数を行う場合はさきさんのツール( ↓ )はほぼ必須です
http://blog.livedoor.jp/x_x_saki_x_x/archives/53673183.html